株オタク「にしけい」の株式投資日記

今週のニュース(2018/04/29〜2018/05/19)

ひふみの運用報告会に参加してきました

ひふみの運用報告会

前回の更新から日が空きましたが、5/19(土)に開催されたひふみの運用報告会に参加してきたので、
得た学びをまとめてみます。
 
 

ひふみの運用報告会とは?

ひふみの運用報告会とは、レオス・キャピタルワークスという投資信託の運用会社が販売する
「ひふみ投信」の近況についての報告会です。

最近の運用状況や投資スタンス今後の経済動向、方針などの話をしてくださるので、
経験値豊富なプロ(何と言っても藤野さんは野村、JPモルガン、ゴールドマンで資産運用の経験をお持ちです)の考え方を学び、
投資家として日々の投資に生かすことができるメリットがあります。

ちなみに、レオス・キャピタルワークスが運用している投資信託は「ひふみ投信」という名前で、
「直販」の投資信託であることで有名です。
説明すると長くなるので、詳しくは「ひふみ投信(やさしい投資信託のはじめ方)」をご覧ください。

今回のひふみの運用報告会は、東京・板橋のメイン会場から全国7カ所に同時中継するという初の試みでおこなわれました。
僕は愛知会場で参加しましたが、映画館だったのでシートふかふかで快適でしたw
 
 

学んだこと

今回のひふみの運用報告会で学んだことをまとめます。
僕は資産運用担当というお仕事をしているので、「投資家目線」や「ファンドマネージャー的視点」から、
主に銘柄選択や運用方針に関する学びをまとめていきます。

■銘柄選択で大切なことは「結果を出しているか」
・銘柄選択で大切なのは「結果を出しているかどうか

・ここで言う「結果」とは、「収益」のこと
→きちんと売上を上げているか、利益を出しているかが、銘柄選択で大切

・もっと言えば、「利益が出ていること」は絶対に外せない
→株価を要素分解すると「株価=EPS(1株利益)×PER(株価収益率)」になるから
→株価を構成する1株利益が出ない限り、株価は上昇しない

・「結果を出し続けている会社」は尚よろしい
→過去10年ほどを見て、毎年利益を増やし続けている会社は、翌年も利益を増やすことができる確率が高い
 (経験則から)

大切なのは「結果を出しているかどうか」。
すごくシンプルなことですが、誰の目にもわかるし長期投資に必要な考え方を端的に表した言葉だと思います。

バフェットさんも過去のEPSの伸びを必ずチェックしていますし、「利益の伸び」は大切だと改めて実感しました。
 
 
■投資家の心がマーケットの動きに左右されないために心がけること
・簿価を見ないこと
→株価がいくらの時に投資したかは関係ない
→「その会社の利益が今後継続して伸びると考えられるか」「その会社がこれからどうなっていくか」を考えることが大切

・株価チェックは年1回で十分(行動経済学的にも)

・アナリスト目線で銘柄をチェックすることも大切
→「自分がその会社で働きたいか」「自分の親友がその会社で働きたいと相談してきた時に背中を押せるか
 「自分の子供にその会社を勧められるか」を自分に問いかけよう

ひふみ投信の運用部の方が日々自分に問いかけていることを聞くことができました。
「自分がその会社で働きたいか」などの質問は、企業価値や将来性を分析する際に、
納得する回答を出しやすく、わかりやすい判断基準です。
財務分析や将来性予想、DCF法による企業価値算定などによる投資判断も大切ですが、
「たった1つの質問で投資判断するとしたら」このような問いかけをすると良いと思います。
今一度、保有銘柄や監視銘柄に対して以上の問いかけをしてみなければ…!
 
 

さいごに

会社の資産運用担当として、個人投資家として、学びの多い2時間でした!
学んだことはさっそく昨日夜から投資に生かしています。
ひふみ投信は自分のiDeCoでも買おうと思っているので、今後も運用報告会に参加して学びを深めていきます!
 
 

5/19までの相場

■日経平均株価(終値)の推移
今月の日経平均株価の推移
 
■TOPIX(終値)の推移
今月のTOPIXの推移
 
■海外投資家売買動向

週間 売買合計額
(百万円)
売買状況
2018年4月4週 -150,940 売り越し
2018年5月1週 +1,708 買い越し
2018年5月2週 -1,241 売り越し
2018年5月3週 未発表 未発表

 
■信用評価損益率

週間 信用評価損益率(%)
2018年4月4週 未発表
2018年5月1週 未発表
2018年5月2週 -8.54
2018年5月3週 未発表

 
■日経平均騰落レシオ

週間 日経平均騰落レシオ(6日) 日経平均騰落レシオ(25日)
2018/04/26 143.49 117.62
2018/05/03 136.83 116.88
2018/05/10 134.58 125.24
2018/05/17 119.78 121.44

 
■日経平均PER

週間 日経平均PER
2018/04/26 13.12
2018/05/03
2018/05/10 13.58
2018/05/17 13.9

 
■VIX指数

週間 VIX指数
2018/04/26 16.24
2018/05/03 15.28
2018/05/10 12.65
2018/05/17 13.56

 
■日経平均VI

週間 日経平均VI
2018/04/26 16.94
2018/05/03 15.17
2018/05/10 15.19
2018/05/17 14.5

 
 
海外投資家の売買が少なく、相場全体として落ち着いているようです。
VIXやVIなどの数値もじわり低く落ち着いてきました。
ただし、日経平均PERが12倍台を脱出して13倍台に突入してきたこと、
信用評価損益率もじわり改善していることから、
相場は緩やかな上昇局面にあるとも判断できます。
地政学リスクも落ち着いているので、しばらくは日本株全体に上昇圧力がかかりそうです。
 
 

西尾ファンドの運用状況

今月の西尾ファンドの推移
今月の西尾ファンドとTOPIXの推移
 

日付 株式評価額 現金 含み損益(設定来)(%)
2018/05/18 109,290 39,251 +35.04
コード 銘柄名 事業内容
9616 共立メンテナンス 独立系の寮運営会社。寮、ホテル事業が2本柱。「ドーミーイン」の名でビジネスホテルを展開
3773 アドバンスト・メディア 音声を文字変換する独自技術核にした各種業務用ソフト開発が柱。文字起こしサービスに参入
2475 WDBホールディングス 理学系研究職や研究補助職の人材派遣で首位。医薬品開発受託や医薬関連事務も。持株会社

 
西尾ファンドとTOPIXの動きを重ねるとなんとびっくり!キレイな逆相関が描かれています。
西尾ファンドは中小型株ばかりなので、中小型株が売られて大型株に資金が集中した局面では、
TOPIXと逆の動きをすると考えられます。

また、メンバーズを売却して3銘柄に絞り込みました。
理由は、「今後継続して収益が上げられるか」を考えた時に、
胸を張って「はい」と答えられなかったからです。
たしかに、メンバーズはWeb制作で大手からの受注が多く安定しており、
AIなど最先端の事業にも手を出そうとしていますが、
改めて分析してみると事業内容に特異性を見出すことができず、
「圧倒的な競争力を武器に今後も継続して収益を上げられる可能性」
が低いと判断したためです。

しばらくは上の3銘柄の組み合わせで投資を継続するつもりですが、
監視銘柄の中から良い銘柄が見つかったら、
資金を投じていきます!
 
 
 

編集後記

先日、生まれて初めて乃木坂46の「握手会」に参加して握手してきました!

初なので、1〜3期一人ずつ握手してみようということで、
・1期生 松村沙友理さん(さゆりんご、さゆりん、まっちゅん)
・2期生 伊藤かりんさん(かりんちゃん)
・3期生 山下美月さん(づっきー)
と握手してきたのですが…

「言葉にならない」

とはこういうことを言うんですね…

だってテレビとか写真で見たことある人が目の前にいて握手できるんですよ…

しかも会話できる!

すごいシステムだ…

そりゃ握手会何回も行きたくなるわ。

握手会の魅力を知った西尾でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。